カテゴリ:にっき( 184 )

何度も

もう追いかけるのはやめよう。
もう何度そう思ったことか。それなのにまだ追いかけてくる。

本当にうんざり。

朝起きた瞬間の言いようもない不安とか。
何となく感じる寂しさとか。

もう無理はしないよ。
無理はいつか破綻する。あの頃のわたしは自分がもっと寛容になれば大丈夫だと思っていた。
周りからは無理してるように見えていたよね。

気をつかいすぎて逆に相手が気をつかう。
もうそういうのはやめたいな。

わたしがわたしらしくいられる瞬間はひとりのときだけなのかもしれない。
そんなの淋しいよね。
まだまだひととの距離の取り方がわからないなあ。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-12-18 22:42 | にっき

dream

夢を見た。夢には願望が現れるというけれど本当かな?

もう大丈夫だと思っていた。

わたしの知らない時間がどんどん流れていてやっぱりそれが寂しかった。
彼はひとりでも生きていける。本当にそうだと思い知らされる。

わたしが彼にできることは何もなかったなあ。いままでもこれからも。

もう二度と会うことはないのに。
嫌なところもあったし、寂しくてたくさん泣いたこともある。
それでもまだ涙が出るのは本当に好きだったからだろうなあ。

愛したひとを忘れるのはなかなか難しいな。8年近くも一緒にいたらなおさら。
未練がましくて嫌になっちゃうなあ。
いつまでも過去に囚われたくないんだけど。

自分が自分らしくいられるひとと早く出逢いたい。
そして今度こそ愛し愛されたいよ。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-10-04 21:08 | にっき

Wedding

どうしようもなく辛い夜を何度も越えてきたはずなのにまだ涙は枯れない。

わたしも幸せになりたかったなあ。
と思ってしまう。

結婚式をする二人を見るとお互いにだいすきで一緒になるのが自然なことのように思える。

やっぱりわたしたちは違っていたなあ。

心が穏やかになりたいね。
いつもどこかに感じていた寂しさを埋めてくれる誰かと出会えますように。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-08-05 20:41 | にっき

なみだ

あとどれだけ涙を流したら心の底から笑えるのだろう。

自分で自分を苦しめる。
最後の言葉を何度も繰り返してる。

どんなに考えても過去は変えられない。もう執着するのはやめたいのになあ。

こんなときどうしたらいいの。

小さくたくさん傷ついたこと
一緒にいても孤独だったこと
もうそんな想いはしたくない。

ただ愛し愛されたかった。

どうしてこんなに悲しいのかな。
心のどこかで感じていたことを突きつけられたから?
そうじゃないって思いたかった。

もう不確かな未来を待たなくていいんだよ。
苦しみから解放されていいんだよ。
愛し愛される未来がきっとある。少しずつ前を向きたい。
強くなるための涙なら流してもいいかなあ。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-07-12 21:51 | にっき

キセツ

いろんな季節が過ぎて行った。

イルミネーションを見に行って
春はお花見をして
花火をして野外フェスティバルに行き
旅行先で流れ星を見た。

お誕生日にはホテルで夜景を二人じめ。
一緒にごはんを作ったり。

特別なことじゃなくても一緒にいられれば楽しかった。

ひとりでは知ることのなかった体験をさせてくれた。
いろんなこと教えてくれたね。

それと同じくらいの哀しみと苦しみも。

変わったのはわたしも同じだったね。
あたりまえに思っていた。
あたりまえなんかじゃなかったのにそんなことにも気づいていなかった。

もう苦しんだり悲しんだりしたくはない。
それなのに幸せだったことを捨てきれなくて。
もう終わったことなのに思い出しては悲しくなる。

自分の気持ちがよくわからない。

それでもとことん悲しみ尽くしたら元気になれる。
時間がかかってもいいよ。
完全に手放すときがくるまでゆっくり付き合っていこう。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-07-11 23:44 | にっき

天使カード

辛かったことが嘘のように穏やかな日々。

やっぱりもう好きではなかったのだなあ。
どきどき思い出しても会いたいとは思わない。
ただ独りになりたくなかっただけ。
彼と付き合っていた頃よりも今はずっと心が穏やかでいられる。

どうしてあんなに我慢していたのかな。
我慢し続ける幸せなんてないのに。

カードを引いてから本当にわたしは幸せになれるんだって信じられるようになった。
もう何を捨てるかじゃなく何が必要かを考えるときが来たのですね。

もう本当に彼とは決別しよう。

わたしにはもう必要のないひと。

大好きな夏が終わる前にたくさん楽しいことをしよう。
とりあえず山登り!今週末を思い切り楽しむ!笑う!
[PR]
by batteria_1212 | 2014-07-01 23:01 | にっき

カルマ

あたしいろんなこと諦めてたなあ。

言いたいことはたくさんあったのに、どんなに言っても変えられないことだから
大事な仕事なのだから
って自分を納得させていた。

何度思い返してもやっぱり同じことしかできないなあ。

忙しくなるにつれてストイックにならなければいけなくなったのと同じように
時間が長くなるにつれて気持ちが冷めて行ったのだなあ。

周りの環境についていくのに必死でメールの返信さえできないと言われたけど
気持ちがあったらできるよね。

わかってたのになあ。
彼は仕事をがんばらなければいけないこと。
心のどこかでわたしのことが負担なんじゃないかなあって。
だからなるべく負担にならないように待ち続けた。
迷惑かけたくなかった。

すごく昔に彼に「迷惑なんかにならないよ。家族だって恋人だって君への愛に溢れているんだから」って言われたことがある。
もうその言葉を信じることができないほど心が離れてしまっていたね。

彼が普通のひとだったらよかったなあ。

体にたくさん飲み込んできた気持ちが溜まっている。
深い呼吸をしよう。

わたしたちは前世でどんな関係だったのかな。
やっぱり家族だったのかしら。
だからこんなにも捨てたいのに捨てられないのかなあ。

もう十分悲しんだ。
わたしも自由になりたい。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-06-23 20:20 | にっき

認知的不協和

会えないことが普通になって会えなくても平気になった。って言ってたけど
本当の心は違っていたんだよね。
自分で自分を納得させるしかなかった。

それでもわたしは彼の特別な存在だと思っていた。

終わりは本当にあっけなくて。
単純にあれが彼の本心なのだろう。

それなのにわたしは自分に都合の良い方に考えてしまう。本当に暢気だなあ。
愛したひとを嫌いになれない。
執着を断ち切るのはなかなか難しいね。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-06-22 22:23 | にっき

おみくじは的確

わたしが欲しいのは同情ではなく愛情なのだ。

楽しかった思い出があまりに幸せで満たされていて
どんなに願ってもあの頃に戻れることは二度とない。
それでも愛された記憶はなかなか消えてくれないなあ。
悲しかったこと辛かったことは薄れていくのに。

クリーニングが必要だ。

前向きと後ろ向きが交互にやってくる。
この痛みはいつか消えるのかな。

彼と出会う前のわたしはどんな風に生きていたのだろう。
どんなときも孤独はあった。それでもあの2年間は不安や悲しみも一緒にいれば大丈夫だった。

環境もずいぶん変わったし、ひとの気持ちはいつか変わってしまうもの。
誰かを変えることはできないのだから。

今年のお正月にしたアファメーション。一時は叶わなかったと思った。
でももしかしたらそれを実現するために大きな別れがあったのかもしれない。

あたしたちが一緒にいる役割は終ったのだ。お互いに。

縁があれば運命だとしたらもう一度出逢うこともあるだろう。

わたしはこれから出逢う愛するひとのためにも心と体の両方を豊かにしたい。

ただ待つだけの人生は終わり。

この夏は行きたいところに行ってやりたいことたくさんしよう。
きっともうすぐ出逢う気がする。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-06-22 22:02 | にっき

まだこんなにも

ああどうしてだろう。

もう終わったはずなのに一緒に行きたかったところとかいろんな話とかしたかったなと思うと未だに泣けてくる。

わたしも彼も悩みをあまり人に相談しないひとで。
昔はもっとお互い話してたはずなのになあ。自分の話もしてたし、よく会っていた。


後悔したって仕方ない。わたしは自分のことで精一杯でちゃんと話を聞く雰囲気をつくれなかったね。
いつからか寂しいとか会いたいとか言えなくなって。

結婚とかどうするのかなんて本当に怖くて聞けなかった。

行きたいところあるって聞かれても1、2時間しか一緒にいられなくて。次にいつ会えるのかわからないから出かける計画も立てられなくて。
電話もいつ仕事してるかわからないから出来なくて。でもそれは出られなければ折り返してくれるはずだからもっとすればよかった。
あたしはいつも待っているだけだった。どうして歩み寄らなかったのだろう。
どんなに時間を戻してやり直したとしても答えは同じ。

一緒にいても悲しいだけなのに恋しく思ってしまうのは手にはいらないものだからなのかな。
彼はもう忘れ去って仕事に邁進しているのかな。それも寂しいこと。

それでもわたしも前を向こう。
彼以上に愛するひとがきっと現れると信じている。
[PR]
by batteria_1212 | 2014-06-22 11:28 | にっき